スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

アーマーナイト:笠猫

床屋に行ってテキトーに髪切ってもらう。(5点)鏡を見た瞬間にアーダンを思い出した(-120点)笠猫です。

寒さの性で体がうまく動きません。なんだか空から天使様が降りてこられたような…そんな気がしてもおかしくない感じです。
そんな私ですが、最近気づきました。我が職場の人員は、たいてい僧侶の魔法が使えるのだということを。

例えば職場での何気無い会話
「うん、そこは一旦殺しておいてさ。そうそう、後で必要になったら生き返らせれば良いんだって。」
「わかりました。じゃあ殺っておきます。」
とか。猟奇なイメージですか?そうですか。

でもご安心を。人は一切死なない、魔法ですから。イリュージョンですから。
せっかくなので、その方法を書いてみようと思います。
これから就職活動をする人は、
面接官「あなたの特技を教えてください」
己「はい、ザキ、ザラキ、ザオラルが使えます」
面接官「…詳しく説明してもらってもいいですか?」
己「はい、ザキやザラキは殺す呪文で、ザオラルは生き返らせる呪文です」
面接官「…わかりました。ヒットマンにでもなってください」
といった、ステキな展開が予想されますので、使えることは黙っておくのが吉です。

●以下の魔法を使う場合、大なり小なり危険が伴います。自己判断、自己責任でお使いください。

ザキ:▼使い方
    キーボードで
    //
    と打ち込みます
   ▼効果範囲
    一列
   ▼効果
    対象を無かったことにする

ザラキ:▼使い方
     キーボードで
     /*
     */
     と打ち込みます
    ▼効果範囲
     囲んだ範囲
    ▼効果
     対象を無かったことにする

ザオラル:▼使い方
      // /* */ といった部分を Del BS などで
      削除する
     ▼効果範囲
      そのときどき
     ▼効果
      対象を蘇らせる
     ※注意:誤ったところを消すと、二度と取り戻せない致命的
         なダメージを負うかもしれません。慎重に。

うん。まあC言語的な話なんですけどね。
大真面目に受け取った人は純粋すぎるので詐欺に会わないよう、生き方に注意が必要だ、そういう話でした。

最近忙しいわ、寒いわで更新が停滞気味ですが、これからも細々と更新していこうかと思います。それでは、またそのうち。
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

【2006/12/02 23:01】 | もじオンリー | トラックバック(0) | コメント(28) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。